こんにちは!とーこです!

私は自然食品店で働いたこともあって、食品について沢山記事を書きたいと思っています。

特に自分で実践したGAPS食事療法について今後記事を書いていく予定ですが、

その前に、今回は自分の食遍歴について綴ってみようと思います。

自給自足の祖父母から影響を受ける。

私は北陸の田舎に生まれました。家は田んぼに囲まれたのどかな環境でした。

近くに住む祖父母は自給自足をしていて、田んぼや畑、鶏小屋も持っていました。
2人とも農薬や洗剤が嫌いで、食べ物は全部無農薬、食器洗いは水のみでした!
祖父はなんでも手作りする人で、家も現代風にいうとセルフビルド!
地下1階地上3階建ての家を自分で建て、家具も服も手作りしていました。
若い頃はエンジニアだったのでテレビも自分で組み立てるほどでした。
祖母も味噌、納豆、梅干しなど、何でも手作りしていました。

私の両親は、父がサラリーマンで母が自営業でした。
母は毎日仕事で忙しい中、冷凍食品も使いながら真面目に食事を作っていました。
白米・味噌汁・主菜・副菜2種類といった家庭科の教科書に出てきそうな
夕食のお手本みたいな食事を作る人でした。

海が近い地域に住み、両親が酒好きなのもあって、夕食にお刺身も週3回ほど出てきました。
肉料理も魚料理も半々に食べて育ちました。

実家を出るまでの食の環境はとても恵まれていました。

今の私の食いしん坊な性格はここから来ていると言えます。

中国留学で食について考えさせられる。

上京後は田舎から出てきたのもあり、ファーストフードにハマったりしました。
料理が苦手だったので自炊はあまりしませんでした。

食の転機は中国の上海に留学したことです。

留学後、中国メーカーの粉ミルクに化学物質が混入していた事件が発覚し
日本で中国の食品安全問題がよく報道されるようになりました。

日本の友人から「中国の食品は危険みたいだから気をつけて」とメールがきましたが、
現地にいると中国産の食べ物を食べるしかありません。
いつも飲んでいたミネラルウォーターに実は化学物質が混入していたというニュースを見たりもしました。

外食してすぐお腹を壊すことは何度もありましたが、油の多い料理を食べたからなのか?
食事に何か体に悪いものが入っていたからなのかわからない状態でした。
中国人の友人に「野菜は生で食べると危険だよ」「野菜を洗剤で洗って食べた方がいい」と教わったりもしました。

当時は、野菜をそのままで食べれない世界があるんだ!とびっくりしました。

※もちろん中国でも個人の農家さんから安全な野菜などを手に入れることは可能です。その頃は学生なのでそこまで調べてこだわって食べることは出来ませんでした。

私はこの留学で、食材を自分で選んで食べたい!!生産者がわかる食べ物を食べたい!!

と思うようになりました。

ヨガと出会って菜食主義に興味を持つ。

日本に帰国後ヨガを習い始めました。ヨガは空腹時に行うので、必然的に食に気を使うようになります。

インド発祥のヨガは菜食主義を唱えています。ヨガ仲間にはベジタリアンや、マクロビオティック、ローフードを取り入れている人も多かったです。私もヨガ仲間に影響を受けて、菜食主義の色んな食事を試したいと思うようになりました。

その後、ベジタリアンを1年間(うち3ヶ月はヴィーガンも)経験しました。
断食も3回試しています。ただ日本の食環境ではベジタリアンを継続するのは難しいという結論に至りました。

サプリメントにもハマった時期があり、2年間ほど毎日複数のサプリメント(多いときは5種類ぐらい)を摂取していました。サプリメントを取ったことで、体力面と精神面(栄養をしっかり摂取しているという自覚)ですごく楽になりました。ただこれも金銭的に継続が難しかったり、人間本来の自然治癒力は弱まるのだろうか?という疑問が出てきてやめてしまいました。

GAPS食事療法に出会う。

自然食品店で働き始めてから、オーガニック食品について調べたり実際食べたりするうちに自分が食べる食品も80%ぐらいが有機・無農薬・減農薬になっていきました。

もちろん最初はお客様に説明するために食べていましたが、自分でも素直に美味しいな〜と思うようになって、段々と変化していきました。と同時に、体調面では胃腸炎だったり生理痛が年々重くなったりと気になるようになりました。

そのころ何年も前に会った事がある岡先生が監修したGAPS食事療法の本を知って、販売してすぐの2016年春に購入して読みました。しかし中身を見てあまりの難しさに「これは実践するのは難しい」と諦めてしまいました。

けれどそれから一年後にやっぱり食事を改善したいという気持ちが出てきて
GAPS食事療法に挑戦することになりました。

岡先生には2回指導して頂きました。

GAPS食事療法を始めてからのことは、別記事で書いていく予定です。

 

私の食歴はこんな感じです。

 

日本に帰国して、友人とマクロビのレストランに行った時、出てきた味噌汁の中に人参が入っていました。一口食べて「あー!おばあちゃんの作った人参と同じ味だ!」と思いました。その頃すでに祖母は亡くなっていましたが、自分の中で「美味しくて栄養があって食べて幸せだ」と思えるのはこの味なんだ!と再確認しました。

ジャンキーな食べ物も好きですが、祖母から受けた影響は一生変わらないと思います。

そんな私の食歴でした〜。

では〜!

 

 

 

スポンサーリンク